愛犬との生活を中心に、好きなマンガや小説、映画に手芸の話をします


by mutizo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

子犬の頃に

皆様 ご無沙汰していました。
やっぱり 少々体調を崩してしまい、二日間ほどダウンしておりました~。
寒さが厳しくなってますので、皆様もお気をつけくださいね。

それでは、お待ちかねの(?)シロの子犬の頃の写真をアップしたいと思います。

e0090719_16392688.jpg

「むう~ とうしゃん はなしてぇ~」  byシロ

これは 年末にシロを保護して、初めてのお正月の写真です。
だから多分 生後半年には満たないはずです。


これはお正月から少したった頃ですね。

e0090719_16535547.jpg

「おかあしゃん なにか ごようですか?」 

この頃は、庭で自由に放し飼いしていましたので、どこからともなくサンダルを見つけてきては、かじって遊んでましたねえ~(汗)
この写真にも、私のサンダルだった物が写ってます。



e0090719_16543525.jpg

「ちがいます! これは おちてたから ぼくのものです!」

君はそういって、よく私やばあちゃんのサンダルを、勝手に持ってきてたよねえ~(笑)

子犬の頃のシロは、他のワンコと同様に いろんな物をかじっては遊んでました。
私のセーターやズボンにも飛びついてかじってました(^_^;)
その証拠写真もありますよ~。

e0090719_17121575.jpg


「かあしゃんの セーターおいしい~ ムグムグ」

だけど、いつの頃からでしょうか?
自分用にもらった毛布やタオルしか噛まなくなったのは・・・?
他の物には、いっさいいたずらして噛む事はなくなりました。
特に何をどうしつけた、って訳ではないのですが、不思議です。

そうそう、この頃はまだ散歩にも行きませんでした。
外に連れて行こうとすると、逆に嫌がったものです。
きっと捨てられていた事が、しばらくトラウマになっていて、外に出るのが怖かったのでしょうね。
そんなシロも、徐々に外に出られるようになり、確かこの年の春には立派にお散歩に行けるようになりました。
シロと一緒にお散歩すると、季節の流れを肌で感じるようになり、ご近所でもいろんな発見がありましたね。
楽しかったなあ・・・。
ねえ?シロ

今頃はシロもあちらの世界で、お散歩を楽しんでいるのでしょうね。
春になったら、私も少しお散歩をしてみようかと思います。
[PR]
# by mutizo | 2011-01-17 17:03 | 愛犬シロ
皆様 新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いします。

新年からブログを再開するにあたって、時間が少しかかりましたが、訳があります。
それは 実はこの1月2日の未明、私の母が亡くなりました。
3日にお通夜、4日に葬儀を行い、昨日 今日とようやく一息つけました。

去年のシロに引き続きの事ですので、皆さんにはお知らせしようかどうしようか、迷っていました。
でもやっぱり、いつまでも黙っているのも、何かと気詰まりでしたので、思い切ってお話しようと思いました。
実は、私の母は、随分以前に脳梗塞になり、その後遺症でドンドンと認知症が進んでいきました。
脳梗塞の数年後には、二度心不全を起こし、もう長い間専門の病院に入院していました。
ここ一年は、殆ど意志の疎通もはかれない程、認知症もすすんでいました。
ですから、気持ち的には少しずつこの日がくる事を、覚悟出来ていました。

シロが亡くなる一ヶ月ほど前に、母の状態が少し良くない方向に向かっているかも、と先生から聞かされました。
そしてシロが亡くなって、10日ほど過ぎた頃に先生からまた、今度は本格的に状態が悪くなってきていて、もしかしたら「急変」もあり得る、と宣告を受けました。
そして年末にとうとう心不全を起こしてしまい、落ち着かないお正月を迎えた、2日の未明に母は父の元へ旅立って逝きました。
ちょうど、この日は母の誕生日でした。
頑張って、なんとか日付を越えて、誕生日を迎えてくれました。

不思議です。
シロはこうなる事を予想していたのでしょうか?
夫と二人、こんな大事なことが起こる前に、シロは気を利かせたんじゃないか、と話しています。
私が、寝たきりのシロと母の事との板挟みにならないように、してくれたんでしょうか?

どうしても 母の事とシロの事は、偶然とは思えなくて・・・。
気を遣いすぎだよ~シロ・・・。

母の事を書くと、皆様に凄くご心配をおかけするのは、分かっていますが、
私は大丈夫です。
こんな事を書くと、ひんしゅくを買いそうですが、
母の事は、長い時間をかけて、心の整理をつけてきました。
それに、とても私を可愛がってくれている、主人の両親がまだまだ健在です。
だから私は大丈夫です。
今頃は母も、父と再会している事でしょう。

新年早々、こんなお話で申し訳ありませんでした。
次回からは もっと楽しいお話をしていきたいと思います。

そうそう、シロの子供の頃の写真もデジタルになってきました!
やなんちゃなシロの写真を、また見てやってくださいね。

今日の写真は、名付けて「おやつに釣られるシロ」です♪
e0090719_0102619.jpg


e0090719_0105552.jpg


e0090719_0111589.jpg

    (2007年10月 撮影)

それでは、もうしばらくしたら、皆様の所にも伺えると思います。
またどうか よろしくお願いします。
[PR]
# by mutizo | 2011-01-07 00:12 | 愛犬シロ
いろいろと、ちょっとバタバタしていますので、ブログの更新も今年はこれが最後になるかと思います。

今年一年は、シロの入院騒ぎからはじまった一年でした。
それから、ずっと皆様に励まされて、シロを見送る事が出来ました。
本当に、ありがとうございました。

来年は、いろんな意味で心機一転 頑張っていきたいと思います。
シロは今も私の心の中で、元気良く走り回ったり、お昼寝をしています。
来年もシロのお話をしていきたいです。
よろしくお願いします。
年末はまた一層寒くなりそうですが、皆様体調管理にお気をつけください。
それでは、良いお年をお迎えください。

e0090719_23481668.jpg


e0090719_23485575.jpg


e0090719_23495243.jpg


(3枚とも 06年 1月撮影)
[PR]
# by mutizo | 2010-12-28 23:50 | 愛犬シロ

シロが残してくれた物

あっと言う間に年末も押し迫ってきましたね。
我が家も 大掃除に向けて、不要品を処分しているのですが、それと一緒にシロの物も整理しています。
といっても、全部を捨ててしまうわけではありません。
シロが使っていた毛布、バスタオルや寝床で敷いていたタオルシーツに、食べられなかったフードやおやつなどは、犬の保護活動している団体さんに寄贈します。
最後の頃は、シロには沢山のタオル類が必要でした。
毛布代わりに使ったり、ベットのシーツがわりに、枕にしたり、スポイドでミルクを飲ませる時には、沢山のタオルを使いました。
これから、そういう時期を迎えられる方は、沢山のタオル類をストックされておく事をおすすめします。
いろんな事に役立ちますよ。

このシロが残してくれたタオルや毛布が、まだ家庭を持たないワンコ達の助けになれば、と思い寄贈しました。

e0090719_22505095.jpg


e0090719_22511711.jpg


e0090719_22514697.jpg


(06年 2月撮影)

そうそう、シロが残してくれた物といえば、この沢山の写真です!
今、家のプリンターで沢山 写真をプリントしては、写真たてにいれて家のあちこちに飾っています。
シロの子供の頃の写真も出てきたのですが、あの頃はデジカメではなかったので、写真そのものをカメラ屋さんに預けて、(ネガがどっかいっちゃいました)CDに焼き付けてもらって、デジタル化してもらってます。
多分年明けの仕上がりになると思いますが、またシロのちっちゃな頃の写真をアップしたいと思います。
[PR]
# by mutizo | 2010-12-26 22:56 | 愛犬シロ

元気ですよ

間を空けてしまって、スミマセン。
でも ご心配なく!
私は元気にやっています。
毎日 シロの写真と遺骨に「おはよう」 「おつかい 行って来るから お留守番お願いね」 
「ただいま~!」 「おやすみ~」 と、シロが生きていた時のように、声をかけています。

寝たきりだった時は、こんな感じでしたが、玄関を開けると そこにシロが居てくれました。
e0090719_17394140.jpg


(今年 11月22日 撮影)

今はいつも寝ていた場所ががらん、としてしまっています。
シロが寝ていたのは、玄関をあけてすぐの廊下でした。
そこは、寝室の和室とリビングを繋ぐ場所で、どちらの部屋からも見える場所で、声もすぐ聞こえました。
習慣と言うものはなかなか抜けないのですね。
寝ているシロの邪魔にならないように、と ここを避けて大回りして寝室から台所に移動していたのですが、今もこの場所を通るのを、ついつい避けようとしてしまいます(笑)

これからも、こうやってシロの思い出を語りたいと思います。
そうそう、介護のお話もしようかな~?
と思っています。

寝たきりの介護って、意外な物が役に立つんですよね~!
例えば 寝たきりになってすぐの時、シロはよく両肘を床ずれさせていました。
最初、これがとっても悩みの種でした。
自分で起きあがりたいけど、起きあがれない。
もどかしくて、前足をバタバタと動かしてこすれてしまい、すりむいていました。
そのたびに、ガーゼを貼って包帯で保護していたのですが、すぐにずり落ちてしまいます。
やっと、傷がかさぶたになった!と思ったら また保護していた包帯がずれて擦りむいてしまい、かさぶたがはがれて、血がにじむ・・・・。
これの繰り返しでした。
そこで獣医さんがアドバイスしてくださったのは、人間用の密着型バンドエイドを使う事でした。
メーカー名 ジョンソン&ジョンソンの商品名「キズパワーパット」です。
獣医さんは、動物用もあるけど それより手頃な値段だからこっちで充分ですよ。
と教えてくれたのです。
キズに密着してその間に自然に治っていきます。
私も 自分の怪我の時にはよく使っていたので、早速ためしました。
すると、バッチリ治りました!
時にはキズからずれる時もありますが、治りが早かったし かさぶたがはがれる事もありません。
目からウロコでした~。

これは、ワンコのちょっとした怪我にも使えると思います。
ただし!これを貼る時は 周りの毛を剃ってあげてくださいね。
私も獣医さんにそってもらいましたから。
でないと、はがす時大変です(経験者・・・です)

e0090719_1864811.jpg

(09年5月 撮影)

e0090719_1872080.jpg

(同じく撮影)

日向ぼっこが大好きだったシロ。 
今頃は 暖かい所で思う存分 お昼寝してるよね。
[PR]
# by mutizo | 2010-12-18 18:08 | 愛犬シロ

あれから一週間・・・

シロが逝ってしまってから、まるまる一週間が過ぎました。
あの子がいないことに、まだまだ慣れません。
あの子に触って、撫でたくてたまりません。
でもそんな風に思ってばかりでは、いけませんよね。

e0090719_18562248.jpg

(2009.10月撮影)
「そうだよ~おかあさん!」

そうだね、あの日の事を皆さんにお話しようね。

あの日のシロは、朝からずっといつも通りでした。
前の日には ウンウンも出ていました。
朝には私が作った、鶏むね肉のミンチとさつまいもを煮込んだ物を、いつもの小針一杯分食べて、
午後には庭掃除する私につきあって、日光浴もしました。
体調はいつも通りで、この頃水分をとらなくなってきたなあ~と思っていたくらいだったのです。

ですから夕方5時頃にシロが「クウ~」と鳴いて私を呼んだときも、いつも通りオシッコに行きたくて呼んでると思いました。
「はいはい オシッコ? ほな行こうか」と声をかけて、いつものように腰と胸にベルトを巻いて、エイヤッとシロ起こして立ち上げました。
シロも「ワウッ」と返事をして応じました。
最近はオシッコをす為に外に出すのが間に合わない事が多かったので、慌てて外に連れ出してオシッコが出ているのを確認しました。
「は~い、偉かったねシロちゃん」と声をかけたのですが・・・。
急にシロの足がグニャっと力が入らなくなり、支えてても立たなくなったのです。

びっくりして抱えてみると、目を見開いて首がダランと垂れます。
「まるで息をしていないみたい」
そう思った瞬間「シロ!シロちゃん!」と何べんも叫んで、体を揺すって 胸の辺りをポンポン叩きますが、反応がありませんでした。
それでも私一人でシロが逝ってしまったとは確認出来ず、母屋の義父の所にシロを抱えて連れていき、シロが息絶えてしまった事を確認してもらいました。

↓の写真は、それから数時間後のシロの写真です。
最初は 目を閉じてくれなかったのですが、私が少しずつ閉じてやって、ようやく目を閉じてくれました。
見るのはちょっと・・・という方もいらっしゃると思いますので、
皆さんのお気持ちにお任せします。


あの日は、夕方からとっても風が強くなり、海沿いの我が家は強風で玄関のドアを開けても、
風ですぐに閉じてしまいました。
シロを両手で支えている私には、ドアを開けるのは凄くやっかいな作業でした。
「ああ~これから本格的な冬になると、こんな日ばっかりで、ドアが開けにくいよなあ~」
と思ったのです。
シロは私が精神的にも、体力的にも疲れが凄く溜まっている事を分かっていたのでしょうか?
「クリスマスや年末年始くらいは、ゆっくりしなよ」 という気持ちだったのでしょうか?
昔から シロは聞き分けが良く、私たちをあまり困らせない子でした。

でももうちょっと一緒にいたかったなあ・・・シロ。
これは私の我が儘ですけどね。
骨上げの時、葬儀社の方が、シロの遺骨を見て 「ああ、これはかなり腰が痛かったでしょうね」「肝臓もかなりですね、人間でならとっても苦しかったはずですよ」と教えてくれました。
「大往生ですね」とも教えてくれました。
「手の掛からない子は、たいてい最後まで孝行な子なんですよ」
本当にその通りです。
シロを誉めてあげてください。
一生懸命 頑張ってくれました。

後は私がもうちょっと元気になるだけですね。
シロはいつだって私と一緒に居てくれますから・・・。
それでは シロの最後の写真です・・よろしければ、ご覧下さい。

More 続きはこちらから・・・
[PR]
# by mutizo | 2010-12-11 19:46 | 愛犬シロ

またね

e0090719_1228656.jpg

今日シロは空へ登って行きます。
とってもいいお天気で、暖かいです。
こんな時もシロは飼い主思いです。
シロは虹の橋のたもとで、私達夫婦を待ってくれていると思います。
またね、また会おうね。
コメントを下さった皆さん。ありがとうございます。
落ち着きましたら、お返事させていただきますね。
ありがとう シロ。
[PR]
# by mutizo | 2010-12-05 12:28

ありがとうございました

e0090719_20553741.jpg

本日 午後5時過ぎシロは旅立ちました。最後に鳴いて私を呼んでくれました。今まで本当にありがとう シロ 大好きだよ。
このブログを見て、励まして下さった皆さん。 本当にありがとうございました。
詳しい事はまた後日お話しますね。
今はシロとゆっくり過ごします。
[PR]
# by mutizo | 2010-12-03 20:55

やっと

e0090719_10251046.jpg

e0090719_10251043.jpg

ちょっと間隔があいてしまって、すみません。
シロがまた下痢になってしまって、お薬を追加して飲みはじめて、四日目で止まりました。 下痢自体は大した事なかったのですが、すみませんシモの話になりますが、文字通り止まらなかったんです。 一時間もすると、たら〜っとお尻から垂れてきて…(汗)
拭いてあげるのですが、だんだんお尻が赤くうっすら擦れちゃって、しみるみたいで、鳴き声が凄いー!
やっと日曜日あたりから、薬が効いて止まってます。あ〜良かった。
でも、ご飯は少しですが、ちゃんと食べてます。食欲がある感じです。
でも食べたり、何かしている時以外は、ちょっとぐったりした感じかな?
でも今回の下痢も無事乗り切ってくれた事、褒めてあげます。今は形のある、ちゃんとしたウンウンが出てます。 (寝たっきりで、ですが) 後はもっと、水分を取ってくれたらなあ〜と、思うのですが…。頑張ります!
すみませんお食事中でしたら、申し訳ありませんでした〜!
[PR]
# by mutizo | 2010-11-30 10:25

この頃は

以前行った公園での写真が出来上がったので、ここでアップしたいと思います。
夫が昔のカメラでフィルムで撮影したのですが、なかなか味のある写真が出来上がります。
e0090719_18354927.jpg

「およ?」

e0090719_18361454.jpg

「ふう~」

私は恥ずかしいので、顔を隠します(笑)
e0090719_18363853.jpg

「えへへ」

この頃は、まだ支えるとスイスイ歩くときもあったのですが、今は5分と立っていられません。
筋力がおちたのかな?
でも、食べてくれてます!
4~5日何も食べないかなあ、ミルクしか口にしないなあ、と心配していたら また食べるようになってくれました。
缶詰のフードも食べてくれました。
それだけて充分です。(^_^)
[PR]
# by mutizo | 2010-11-23 18:39 | 愛犬シロ